With the kids make out the future.

FIGHT BACK x ISCREAM 7 SHOWERS 新曲CD-R付き、コラボチャリティTシャツに、本当に皆さんの沢山のご協力、ありがとうございました!

今日までで、売れた枚数が107枚。
経費を抜いた売り上げが118350円です。

自分たちでも思った以上の額になって、びっくりしています。額の大きさが全てじゃないってのはもちろんわかってるけど、現実的に、やはりお金があった方ができることは広がります。本当にありがとうございました!

忘れもしない。去年、NOT A NAME SOLDIERSの火影で、ISCREAM 7 SHOWERSが出演したとき、俺がまだFIGHT BACKのデザインをする前。

NOT A NAME SOLDIERSxFIGHT BACKのチャリティTシャツを、FIGHT BACKリーダー、ソウさんから買うI7Sシンノスケさんの姿を見て、俺はISCREAM 7 SHOWERSとチャリティTシャツを作りたいと思い立ちました。

そして、1,2度しか話したことのないシンノスケさんに、思いを伝えるメールを送ってから動き始めたことが、1年半の歳月をかけて、東北地方、岩手県は大船渡で、ついに形になります。

題して、
“With the kids make out the future.”
訳すと、「子供達と未来をつくる。」
ちょっと長いかもしれないけど、これしかないと思いました。今日のブログも、タイトル同様長いと思いますが、最後まで読んでいただけたら幸いです。

さて、いつか、Tシャツを販売したときのブログにも書きましたが、初めてI7Sのスタジオに1人でお邪魔したときは、(そのときは本当に1人で動いていて、まだFIGHT BACKでやることも決まっていませんでした。)自分はNBC作戦に売り上げを寄付しようと考えていました。しかし、そのときメンバー皆さんと話して、「FIGHT BACKとWネームにして、自分たちだからこそできるような支援をしよう。」と方針を決めました。2013年、7月のことです。

時は流れ、2014年1月。
震災から時間が経ち、自分たちの目で様々な場所を見ましたが、復興のスピード、人々の元気さ、ほんとに場所によって違うことがわかってきました。

その土地その土地で求められている支援内容も違う。自分たちにできることは、家を建てるとか、仕事を紹介するとか、そんな大それたことではない。

やっぱり物資を持って行くか?と考えもしましたが、そこは「自分たちらしい支援」とは反する。

自分たちらしいとはなんなのかを改めて考えました。俺は、FIGHT BACKのデザイナーをやらせてもらっています。
FIGHT BACKはチャリティブランド、自分たちで作ったものを人様に買ってもらい、そのお金で様々な支援をしています。

「自分たちで作ったもの」
ここがキーワードになると思いました。
俺は、FIGHT BACKのデザインをちょこちょことやらせてもらい、フェスやライブで出店するときは手伝いをさせてもらっているだけですが、リーダーのソウさんは、基本的にTシャツを自分の手で1枚1枚刷っています。(チャリティシャツは枚数が多いので違いますが…)

もう、これしかないと思いました。
皆さまの協力で集まったお金で行う支援はこれです。

IMG_9153.PNG

子供たち一人一人にTシャツづくりを通して、ものづくりの面白さを伝える。
志したものは、心の復興です。

嫌なことがあって、落ち込んで、ライブハウスにきて、そんな気分も晴れて…そんな体験がきっと、このTシャツを買ってくれた人たちならあると思います。
それに近い体験ができたら、と思い、このイベントを考えました。

俺は上に書いたみたいに、バンドで勇気や楽しみを与えることはできないけど、自分がずっと、こうやってものを自分で作るのが好きだったから。
そして、FIGHT BACKのリーダー、ソウさんもずっと、様々なものを自分で作ってきた人だったから。
作ってきたものの形は違えどきっとISCREAM 7 SHOWERSも。

当日は、子供たちにいくつかある中から好きなデザイン(この日のために作った新しいデザイン!)を選んでもらい、一緒にTシャツにシルクスクリーンでプリントをして、それを子供たちにプレゼントします!

小さい子には保護者の方も同席してもらって、一緒にしてもらいます!
用意した服は赤ちゃん用のロンパースから、中学生が着る大人サイズまで様々!
大きな年齢制限は設けず、子供たちみんなに楽しんでもらえるようにします!

できたTシャツは、形として思い出に残るし、子供たちにとってもそうそうないことだから、喜んでもらえるかな、と!

これが考え抜いた最終の形で、まさに「自分たちらしい支援」そのものです。

日程は9/27。場所は最初に書いたように、岩手県の大船渡。

十三FANDANGOの村上さんがリーダーとなって、何度も行っている復興支援先の一つで、大船渡中学校の校庭に仮設住宅が建っています。

今回の支援では、どうしても現地の人の協力が必要でした。
自分たちが頼んだのは、そこに住む夢ママという人。写真中央の人です。

IMG_0422.JPG

この人が本当に凄い人で、自分のやっていた花屋さん、そして自宅も津波によって流されて、震災から1年半が立った今も、大船渡中学校の仮設に住んでいる人なんですが、とにかくとてもパワフルです。ずっといろんなボランティアに協力しているので、どこかで名前を聞いたことがあるという人も、とても多いと思います。

そして、その中には「ありがとう」という文字で「夢」が書かれているミサンガをどこかで見た、もらった、という人もいるんじゃないでしょうか?
そのミサンガも夢ママの作品です。

IMG_0415.JPG

9/23、PROUD GROOVE OSAKAにて大船渡から遊びにきていた夢ママと、神戸のISCREAM 7 SHOWERSのシンノスケさん。初の顔合わせ。
夢ママから渡されたプレゼントのミサンガを受け取ったシンノスケさんは、いつもつけている自分のモデルのスタッズブレスを夢ママへプレゼントしていました。自分の始めたことが、色んな人に助けてもらって、繋げてもらって、ここまできたよっていうバトントスに見えて、見ているこちらが感無量でした。

一歩進んで二歩下がり、三歩進んで二歩下がる。何度も何度も壁は現れましたが……最後の壁。

本当に子供たちは集まってくれるのか。
とても不安に思っていましたが、ママのご協力のおかげで、集まってくれた人たちは実に31人!
そして、場所も用意してくれました。
本当に感謝しかありません。

また、Tシャツとは別に、お菓子やちょっとしたプレゼントなども買っていけたらと考えています。

今日は9/24、もう現地へ行くまで3日ですが、自分も目一杯楽しんでやってきます。

さらに、支援内容はこれだけではありません!
詳しくはFIGHT BACKのリーダー、ソウさんのブログに書かれていますが、岩手を中心に主婦の方を対象に、サロンを開き、安らぎの場を提供しているまんまるサロンという団体に寄付を行います。

東日本大震災をきっかけに岩手県に住む女性達と「つながろう」と2011年10月から始まった交流・サポートの場です。
主催は岩手県助産師会「まんまるチーム」の助産師達で、直接被災・り災は一切関係なくどなたでも参加して頂けます。

女性を支える専門職の助産師と他の参加者とのおしゃべりを「ゆったり」「ほっこり」楽しみながら、日常の疑問や不安などを気軽に聞いて「ほっと安心」して頂き、楽しい時間を共有したいと思っています。

こんなことやってます!

赤ちゃんの体重測定
母乳相談・子育て相談
オリジナルブレンドアロマオイルによるハンドマッサージ
身体と心にやさしいナチュラルスイーツとハーブティの提供
ママ同志の交流
妊娠・出産・産後や女性のこころとからだの悩み相談
支援物資の提供(主に女性・子育て用品)

この団体に、特に主婦の方達に人気なハンドマッサージに使うオイル代1年分を寄付し、FIGHT BACKxISCREAM 7 SHOWERS presentsと冠を置き、ハンドマッサージを行っていただきます。

このサロンは岩手県各地、久慈、宮古、大槌、釜石、遠野、花巻…
様々なところで開催されるので、支援が
多方面に行き渡ります。

そして、リーダーのソウさんが書いているように、自分たちが直接行う支援ではありませんが…

被災地で家をなくしたママさん。
旦那さんを亡くしたママさん。(本当に多いようです。)
ただでさえ、俺には想像もつかないほど大変な子育てを、さらに大変な環境で続けるママさんたちに、少しでも安らげる時間を、与えられたらと思い、支援先としてここを選びせていただきました。
これも心の復興に繋がります。

スケジュールの関係で、今回はこのサロンの日に自分たちは居合わせられませんが、代表の方とお話しする時間は設けられるので、また話を聞いてきて、このブログにも書こうと思います。

さらに、後ほど、この支援の内容、報告をフリーの冊子という形にして、皆さんにお配りします。

目的は現地の状況を伝えること。
それを読んでくれた誰かが、どこかの募金箱になんとなく小銭を入れる日がくるかもしれない。もっと国について考えるようになるかもしれない。
誰かの0を1に変えれるようなものを作ります。

子供たちと未来を作って行きましょう。

最後に…
実際に支援活動として東北へ連れて行ってくれて、夢ママを含むたくさんの方と繋げてくれた、FANDANGO 村上さん。

20(当時)にもなってないガキの言葉に耳を傾けてくれて、「断る理由はないよ。」と言ってくれた、ISCREAM 7 SHOWERS シンノスケさん。

そして、自分のバンドのTシャツなのに、お金を出して買ってくれた。俺がいないときは物販もしてくれた、メンバーの皆さん。

FIGHT BACKの名前を使ってISCREAM 7 SHOWERSとチャリティTシャツを出したいと持ちかけたとき、快諾してくれて、お金周りや通販業務もしてくれた、FIGHT BACK ソウさん。

いつもいつも気にかけてくれて、子育てに家事、忙しいはずなのに、誰よりも動いてくれる夢ママ。

俺が挫けかけたとき、そばにいて支えてくれたFIGHT BACK 宣伝隊長のひか。

そして、俺の手から、ソウさんの手から、I7Sメンバーの手から、Tシャツを買ってくれた皆さん。本当に、本当にありがとうございました。

今回、9/27,28と東北へ行きますが、これだけでは終わらせません。
Tシャツも引き続き売って行きますし、支援活動も向こうがもういい!っていってもしつこく続けようと思っています。

本当に東北っていう地域は、いいところなんです。機会があれば支援じゃなくても、それこそ旅行とかでも行ってみてください。何度も行く理由がわかります(笑)

長くなりましたが、どうしても伝えたいことがたくさんあったので…お時間を取らせてしまい申し訳ありません。
ここまで読んでいただいて、本当にありがとうございました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中