やりたいこと(続)

社会人になりました。ゆうせいです。

こうやってブログ、というかSNSにもあんまなんも書いてないので、友達に向けて文章を書くのは久しぶりですが、それには理由があります。

実は会社にフェイスブック的な社内SNSがあって、「新入社員は、出勤日は内容はなんでもいいから毎日投稿をするように」なんて社長から言われちゃって、そっちばっかやってるから、あんまり触ってないんです。普段その社内SNSではかなり綺麗に言葉を使っているせいで、今日は崩してもこんな感じの言葉になります。毎度通り長いですが、どうか読んでいってください。

さて、自分で言うのもなんですが、俺が入った会社は大企業ってほどではありませんが、中小企業にしてはそこそこのスケールの会社です。少なくとも、俺よりはだいぶ格上の学歴を持つ人しかいません。そもそも、なんたって僕は適性検査の筆記試験がぜんっぜんダメだったみたいです(猛爆)

ただ、攻撃性MAXと出たという心理診断と、面接で見たお前の性格を理解して取った。と専務からはありがたいお言葉を頂戴しております。

社内SNSについてですが、I7Sのシンノスケさんに「そんなレベルの会社になってくると、普通は下のやつになんて見向きもせんくなる。でもわざわざ上の人がそういう場を与えてるってことは、そこで自分を出していかん手はないんちゃうか。」と言ってもらって、必要以上に自分を出しまくっています。

良いのか悪いのかわかりませんが、おかげで、アクセス回数はほぼ毎回新入社員の中でTOPです。まぁ、もうめんどくなって書かなくなっている人が大半なのも理由の1つですが。最後の1人になったって続けたいです。

肝心の仕事は、幸い前のブログ(https://uuuuu921.wordpress.com/2015/12/10/%e3%82%84%e3%82%8a%e3%81%9f%e3%81%84%e3%81%93%e3%81%a8/)に思い描いていた通りの仕事です。事業内容的に、デザイン方面ならなんでもやっているので、毎日毎日デザインと向き合って生きています。

以前書いたように、俺は営業ですが、デザイナー部隊も社内、というかオフィス内の5mくらい離れたところで作ってくれるので刺激を受けまくってます。
去年の七夕の短冊に「日々、デザインと向き合える人生が送れますように。」と書いたんですが、見事に叶えています。

そういえば、2012年のAIRJAMがあったとき、ディズニーで短冊に「AIRJAMに行きたい」って書いたなぁ。そのあとすぐハズレの連絡きたけど、知る人ぞ知る個人情報厳しすぎるトラブルがあって、ほぼ全員抽選をはじかれて落ちてたっていう。笑 再抽選されて、結果的に無事に行けました。七夕は優秀です。

福岡も行く気ですよ。

仕事中は、自分で言うのもなんですが、とにかく全力です。ただ、赤ちゃんの頃から染み付いた夜行性がなかなか消えず、朝型の生活に馴染めません…。どれだけ前日寝ていても、わからない話が一生続いていると、商談中に意識を失います。問題といえばそれくらいですが、これをまずどうにかしなければ、と思い、無理くり話に入ったりしています。ただ、こんなことをしているようじゃいけません。俺は期待に応えなければいけないんです。
実は、入社式のとき、わざわざ社長が俺の前まで来てくれて、直々に「君は本当に良いと、面接のとき直感で感じたんだよ。今年は沢山新人さんが入ったから、僕もみんなを覚えることはできないんだけどさ。君には期待しているよ。」と言ってくれたのです。最後に「まぁ、根拠はないんだけど」が付くんですが(猛爆)
それでも、同期が30〜40人いる中で、そうやって、わざわざ俺の名前を出してくれた。人は、期待されると持っている以上の力を出せるもんです。期待された結果を、社内SNSのアクセス数だけで終わらせてはいけない。
最近常々思うのが、人よりやりたいことが多い俺は、その分誰より努力しなきゃならないということ。最近はずっとそう思っていて、もっともっと出て行って、結果を叩き出してやりたい気持ちが強いです。
そんなことを考えるうちに、打ち合わせに対しても気持ちが変わってきました。制作物となると、まずは相手の会社のことをよく知らねばなりません。
簡単にでも事前準備をしてたら、途中参加の案件の打ち合わせでも、話している内容の解決策を自分なりに考えることができます。

基本はまだまだ素人アイデアなので、そうそう口には出しませんが、たまに「これだ!!」と思うのだけニヤけないようにボソッと提案したりして、それが採用されたときなんて嬉しいもんです。
しかし、新製品についての制作物に途中から参加させてもらっていると、これはもはや何をしているのか皆目検討がつかなくなります。そういうとき、最初は無意識に仕方ないと思い、解決策を考えることをやめていました。
先輩も、さすがにこのレベルだとわからなくて仕方ないよ。と言ってくれるのですが、人より何かをやりたいやりたいって言ってくるくせに、ダッサイ考えしてんな、とだんだん情けなくなってきて、気づけば「仕方ない仕方ないは仕方なくない」という考え方をするようになりました。

新入社員だから仕方ない。教えてもらってなくてわからないことだから仕方ない。こんな甘えは仕方なくない。

実は、俺はこの会社に入るにあたって、本当に魅力的だった夢へのお誘いを遮って入社しました。
そこまでしてここを選んだなら、どうやったって結果を残さなきゃならない。なんのためにこっちに来たんだって思うような社会人生活を送ったら、こちらを選んだ意味なんてない。

ここまで言い切ったら、そうそうのもんじゃ折れません。

 
そして、あれだけ強気で書いていたやりたいこと。

その火は全く消えておらず、 まずは英語を始めました。
別に、俺は崇高な高い意識を持ってグローバルな人間になりたいわけではありません。

ただ、自分の知らない面白い世界があるというのは気に食わない。100があるなら100まで見たい。これは昔からの俺の信条です。日本以外の場所があるなら、日本以外も行ってみたいんです。
きっとイタリア旅行のブログにも書くと思いますが、正直英語なんてまともに喋れなくてもどうにかなります。ホテルと列車がついただけのフリープランで、同じく英語が話せない友達と1週間いましたが、困ったことなんて特になにもなかったです。

高校の頃から、英語が全て赤点だった俺が言うんだから間違いないです。

英語は、海外旅行に必要不可欠ではありません。少なくともヨーロッパではどこも同じようなものでしょう。
ただ、英語をしらなければ、思いついたことを話せません。相手の言っていることがわかって、言い返しが思いついても、それをどう話すのかわからないから言えない。そういうもどかしい思いは沢山しました。
ということは、英語を覚えなければ、100まで楽しめません。だから始めるのです。ちなみに、「NO,I don’t.」のドントの部分を完全に忘れていました。スペルすら自信なしです。先は長そうです。

そして、デザイン。

より、デザインに魅力を感じるようになってきました。

本当に自信のある良いものを作って、お客さんに「いいね!」と言われる瞬間、喜んでくれるかな?これは絶対にいけるだろ!と思っている瞬間。すなわち最高です。普通にボツッたりしますが。
運良く無事に校了して、僕らのいる川上から、お客さんのいる川下まで自分の手がけたものが流れていくときも最高です。

世の中に自分の携わった制作物が並ぶ、何度考えても、こんな幸せなことはないです。

例えば、タワレコにジャケのデザインをしたNOT A NAME SOLDIERSのCDが並んだとき、街中で知らない人がFIGHT BACKxI7SのTシャツを着ているのを見たとき、たまたま会った友達がPARALLEL YOUのTシャツを着てくれていたとき。

自分のやりたいって気持ちで動き出したものを、誰かがキャッチしてくれている。繰り返しになりますが、本当に幸せでしかない。

でも、ここ最近思うことは、俺にとって、やっぱりデザインとは「絵」です。

絵が好きになって、デザインが好きになった。子供の頃は絵描くか遊ぶかしかしてなかった。図画工作は俺のための時間だと本気で思ってた。今でも、打ち合わせで紙とペンを持った瞬間、絵を描く描かないで魂が葛藤しています。
ただ、家に帰ると不思議と描かない。

いや、正確に言うと、何気なく紙とペンが置いてたら家でもすぐに何か描き始める。0から、「描こうー!」という気にならないんです。
なんでだろうなーとか思いつつ、薄々わかってました。それは、やっぱり絵が下手だからです。コンプレックスが頭から離れないから、「いざ、やろう!」ってときに、できない。さらっと描くのとは違い、真剣に描けば否が応でも自分の絵の下手さを改めて受け止めることになるからです。
バンプの歌にも似たようなのありましたが、子供の頃は絵が上手いとずっと言われてました。でも、成長すると俺よりもっと絵の上手いやつなんて沢山出てきて、それに反比例して俺の評価は少しずつ下がってって…まぁ子供なんてそんなもんです。

それからも、何気ない絵を描き続けてはいたけど、コンプレックスは増え続けました。
客観的に見て、俺は平均的な絵よりは、少し上手い絵が描けると思います。

ただ、模写とかになってくると平均以下です。それはなぜかというと、きっと俺は、頭で思い描いた創造物を絵として描く力が、平均的な人より本当に少しだけ大きいだけで、普通の絵のスキルは平均以下なんです。
絵が上手い人というのは、そもそもの絵のスキルがあるのに合わせて、このアウトプットの能力もとても高いのでしょう。羨ましいを通り越して、正直妬ましいです。
そんなこともあって、デザイン物を1から10までPC制作したことももちろんあるのですが、やっぱり「絵」に敵うものはありません。

だから、絵・デザインの勉強も始めました。とりあえず基礎も基礎、綺麗な丸を描くところから。

絵が上手くなる!っていう色んな方法から1つを選んで試すんじゃなく、とにかく出てくるものを全て試してやってみようと思います。

現在、去年のブログから無事に受け継いだやりたいことの火は燃え続けいて、そこに仕事という薪も放り込まれ、前以上に気持ちが上がっています。不安や緊張もありますし、しないでいい挑戦も沢山ありますが、あえてどんどん首を突っ込んでいくことで、人一倍苦労し、人一倍成長しようと思います。逃げ続けたダサい背中なんて、いつ産まれてくるのかもわかりませんが、子供に見せられません。

振り返れば、学生時代は、その膨大な時間を自由に使い、思い描く光景を実現させることができました。膨大な時間はなくなりましたが、そこはもう膨大なやる気でカバーするしかない。思い通りに生きていくためには、誰よりやるしかない。
結局、好きな気持ちややりたいって気持ちってのは呪いで、人はそこから離れることなんてできないんです。

やらなきゃ後悔するだけだから、俺はやります。でっかいこと言ってしまいましたが、これから 見ててください!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中